保育施策に関する公開質問状 池尻成二候補

保育施策に関する公開質問状

1、練馬区では保育所の待機児が大変多く、一刻も早い待機児の解消が求められています。一方、保護者は子どもに、質の高い保育を受けさせたいと望んでいます。
○待機児解消策についてどのようにお考えですか。
〈回答〉
「待機児」は、基本的に出してはならないと思います。子育てに“待った”はありませんから。緊急の対応をする以上、保育の質や環境という点でいろいろと難しい課題も出てきますが、現状は認可保育施設の小規模保育事業を中心に明らかに質の低下と言わざるを得ない流れが強まっています。とくに、資格要件については、しっかりとチェックし改善していくことが必要です。


2、練馬区では学童保育の待機児も大変多く、一刻も早い待機児の解消が求められています。また、保護者は、現在練馬区が提供している質の高い学童保育の存続と拡充を望んでいます。
○学童保育の待機児解消策についてどのようにお考えですか。
〈回答〉
学童保育の制度や事業の根幹にかかわる見直しに、区は足を踏み入れようとしています。この動きは、この間の議論の積み重ねからしても強引かつ唐突であり、学童クラブ事業、ひろば事業それぞれに矛盾を広げるものです。性急な見直しによる安易な「待機児解消」策はいったん中止し、現場の実態、子どもたちのニーズのていねいな検証に基づく幅広い議論を行うべきです。

3、保護者は今後も保育施設の利用料(保育料)負担の増額はせず、利用しやすい料金設定を望んでいます。
○保育施設や学童保育の利用料についてどのようにお考えですか。
〈回答〉
利用料にかかる応能負担の原則は維持すべきです。この点では、「新制度」に入らなかった認証保育所の扱いが大きな課題となっており、認証保育所の底上げ・改善とセットで認可並みの保育料負担にまで軽減すべきです。認証保育所制度導入の経過からしても、当然、東京都に応分の財政負担を強く求めます。

4、区立の保育施設の運営を他の事業者に変更すること(運営委託や廃園民営化)は施設を利用する子どもや保護者に多大な負担を強いるため、行うべきでないと考えています。
○区立保育施設(保育所や学童クラブ)の運営についてどのようにお考えですか。
〈回答〉
これ以上、区立保育園の民間委託を広げるべきではありません。保育士の採用が進まないために、直営園保育士の年代バランスが歪み、区の保育の継承・発展が困難になってきていることも大きな問題です。直営園を公的保育の中核として積極的に位置づけるとともに、民間事業者には私立認可園の整備への協力を求めたいと考えます。

<候補者名> 池尻成二
<党名・会派名等> 市民の声ねりま
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

nerimahomonkyo

Author:nerimahomonkyo
FC2ブログへようこそ!

FC2投票
練馬区認可保育所待機児1300人?ということで待機児解消策を緊急アンケートします
無料アクセス解析
FC2投票
練馬区では学童クラブの待機者も多く大変深刻なのでこちらもアンケートします
無料アクセス解析
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる