fc2ブログ

練馬区保育問題協議会とは

 練馬区保育問題協議会、通称「練馬保問協(ねりまほもんきょう)」は、練馬区における保育や子育てに関する様々な課題や問題について、みなさんといっしょに話し合いながら、「子ども達の未来」より輝かしいものにしてゆくことを目的に、様々な活動を行っています。
 練馬保問協は、保育園児童の保護者、公立・私立の保育園職員、保育室職員、学童クラブの保護者・職員、保育室職員、家庭福祉員など、保育に係わる方々、及びその団体によって構成されています。また、東京保問協をはじめとする広域的に保育問題に関わっている団体に加盟し、共に活動しています。
スポンサーサイト



親子で遊ぼう!

練馬保育園分会主催・練馬保問協共催 保育講座のお知らせ

親子で遊ぼう
ただじゅんのあそびっこ!

てあそび・かおあそび。
今年は、ただじゅんさんをお呼びして
楽しい親子あそびや
つながりあそびで一緒にあそびましょう

日時: 2023年6月17日(土) 10:00~11: 30

会場:東京土建 練馬支部 ( 練馬駅から徒歩9 分)

からだあそび・つながりあそびであそんじゃおう!
かんたんてづくりおもちゃ、 獅子舞などの
ミニステージもあるよ 


詳しくはチラシをご覧下さい↓
ただじゅんのあそびっこ

保育 なんでも 交流会

🟢4月は29日(土)です
🟡18時〜石神井公園区民交流センター会議室1

#保育園 の事件事故 #保育士 基準 #待機児 閉園 #委託 問題 etc. なんでも
保育士さん保護者 OBの皆さんも
短時間でもぜひ
みんなで子ども達のために話し合いましょう
(次次回は5/27予定)
【拡散希望】

「公開質問状」2023・練馬区議会議員選挙

公的保育を守る練馬連絡会では練馬区議選に立候補(予定)の方へ「公開質問状」をお送りし、保育・学童保育についてのお考えを伺いました。
公的保育を守る練馬連絡会に加盟する練馬保問協のブログにて回答を掲載させていただきます。

各候補(予定)の方々には、お忙しいなかにも関わらず、ご検討いただいたことお礼を申し上げます。
なお、掲載は回答到着順となっております。

(田中よしゆきさん、関口和雄さん、小林みつぐさん、小泉純二さん、藤井たかしさん、西山きよたかさん、かしわざき強さん、笠原こうぞうさん、福沢剛さん、田中ひでかつさん、上野ひろみさん、かわすみ雅彦さん、かしままさおさん、柴田さちこさん、たかはし慎吾さん、佐藤力さん、つじ誠心さん    以上17名の皆さまのご回答です)


公開質問状本文

公開質問状1公開質問状2公開質問状3

やまさきまりも さま(練馬・生活者ネットワーク)の回答-公開質問状2023

1、区立谷原保育園を閉園する事についてどのように考えますか?
〈回答〉
保護者への納得いく説明が足りてなかったと思います。陳情の署名の扱いもひどいと思います。

2、区立谷原保育園の保護者は区主催の全体説明会開催を求めています。このことについてどのようにお考えですか?
〈回答〉
区主催の説明会はもとより、どういう形の保育が求められているのか。区民の声を聞くことが、本来、決める前に最初にやることだったと思います。決めてしまった今では、せめて区民の質問に答える場を設けることは最低限必要なことだと思います。

3、区立谷原保育園を突然閉園にするという区の発表を知り、他の区立直営保育園の保護者から不安の声があがっています。練馬区直営の区立保育園の今後についてどのようにお考えですか?
〈回答〉
私自身、長男・次男を区直営の区立保育園でお世話になってきました。(光ヶ丘・光ヶ丘第七→当初、私も同一園叶わず大変な思いをしました)
民間委託の保育園も増えていた中、ベテランの職員が多い区立をあえて選んできました。
なんと言っても、経験豊富な職員がいてくれるのが安心感に繋がります。また、若手の職員にも、ベテラン職員とのしっかりとした連携が感じられ、安心して預けられました。
若手に偏ったり、入れ替わりが激しいなどということがない区立の保育園、必要です。

4、待機児解消に向けて、保育の質が保障された認可保育園を増設することが求められていますが、どのように考えますか?
〈回答〉
その、保育の質の保障はどんなふうにはかられるか。気になります。

5、保育施設の予算を拡充し、職員の処遇改善や保育の充実にあてることが求められていますが、どのように考えますか?
〈回答〉
まず、処遇改善、人員配置の再考が必要だと思います。それが、人材の確保、また、保育の充実につながってくると思います。
 
6、保育所の給食費の徴収は(引き続き)しないよう要望します。この事についてどのようにお考えですか?
〈回答〉
全てのこどもが平等に安心して十分に食べられる食事が必要だと思います。

7、児童手当の拡充や0・1・2歳児は保育料無償の対象外となっているなどさらなる子育て世帯に対する経済的支援の拡充が求められていますが、どのように考えますか?
〈回答〉
特に0・1・2の保育料無償化は若い両親にとって、住みたい街の大きな決定事項になると思います。

8、すべての認可保育園に看護師と栄養士を配置すること。また、保育所以外の保育施設において給食や栄養管理、健康管理を認可保育園の水準に近づけることで保育の施設間格差を減らしていくことが必要と思いますが、どのように考えますか?
〈回答〉
体は食べ物からできています。何を食べて育っていくかは重要なところなので、必要なことだと思います。また、おいしくごはんを食べる記憶もとても重要なことだと思います。

○学童保育に関して
9、学童保育は単なる子ども居場所ではなく、第二の家といわれるように[生活の場]です。学童クラブの待機児童解消に向けて、国の運営指針に従って、保育の質を保障した学童クラブの増設が求められていますが、どのように考えますか。
〈回答〉
保育の質を保障した学童クラブの増設は必要だと思います。上記と同じように、何をもって「保育の質を保障した」と言えるのか、気になります。その基準は適当なものなのか。(人員配置や職員の処遇、広さ、補食など)

10、学童保育の一支援単位について、練馬区では90人、130人規模の学童クラブがあります。国の運営指針(一支援単位40人)の基準を厳守し、保育の質を守りながら待機児を解消することが求められていますが、どのように考えますか。
〈回答〉
学童の現場からは規模が大きすぎて、みんな一緒にやらせようとしてしまい、少し大人の目や手が必要そうな時、もっとやってあげたいことがある、などの声がありました。
職員の方にとっても「もっとこうしたいのに(人が足りなくてできない)」という思いを持ちながら仕事をしている方もいることを知りました。それは子どもにとっても「もっとこうして欲しかったのに」そう思う子もたくさんいるのだろうと思います。「生活の場」である学童クラブが少しでも心豊かに過ごせる場であってほしいと思います。せめて一支援単位40人、厳守は必須です。

11、練馬区が独自に設けた学童保育のガイドラインの一支援単位の定数基準を国の基準レベルに引き上げ、保育の質を維持し向上させることが求められていますが、どのように考えますか。
〈回答〉
大規模な人数の無理のある学童クラブがありながら、「待機児解消」とアピールするのはおかしいと思います。

○最後に練馬区議会について
12、質問4〜8については「保育の質が保障された認可保育園の増設と子育て世帯に対する経済的支援拡充を求める陳情書」として2139筆、「全保育園に栄養士・看護士の配置を求める陳情」として1987筆、「保育の質の充実と保護者への経済的支援拡充求める陳情」として1612筆。また、質問9〜11に関連して同様の趣旨の「学童クラブのガイドライン改訂を求める陳情」として321筆、区議会に提出されています。
 しかし、これらの陳情は充分な審議もなく審議未了となってしまいそうな状況です。多くの署名とともに提出されている陳情をこのように扱う練馬区議会をどのようにお考えですか。
〈回答〉
さまざまな陳情が署名がたくさん集まっているのにも関わらず、審議されることもなく、なかったことのように扱われる練馬区議会、ひどいと思います。(私も陳情を出したことが2回ほどありますが、2回とも審議未了でした。必ず審議するよう、区議会が変わるべきです。

プロフィール

nerimahomonkyo

Author:nerimahomonkyo
FC2ブログへようこそ!

FC2投票
練馬区認可保育所待機児1300人?ということで待機児解消策を緊急アンケートします
FC2投票
練馬区では学童クラブの待機者も多く大変深刻なのでこちらもアンケートします
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる